介護福祉士はどんな仕事?

介護福祉士はどんな仕事をしているのでしょうか?まず、介護の定義からお話ししましょう。介護というと身体の不自由な高齢者や障害者の身の回りの世話をするというイメージを誰もが持っていることでしょう。

 

しかし、ここで間違えていけないのが、ただ単に利用者が出来ないこと全てを代わりにして差し上げればよいのではないということです。

 

例えば、自分でトイレに行けない利用者にはすぐさまオムツをして差し上げる、これが介護ではありません。なぜなら、介護の定義は「利用者の日常生活動作の自立と生活の質の向上を目指す」と示されているからです。

 

トイレに行けない利用者には、まずは自分の部屋にポータブルトイレを置き、そこまでなら移動が可能かのチャレンジをしてみるのを援助するのが介護です。実際にそのように微かな望みを捨てずトイレで排泄することを諦めず努力した結果、最終的にはトイレに行けるようになった高齢者は数多くいらっしゃいます。

 

何もトイレだけに限りません。歩行が困難な高齢者が安易に車椅子に乗ることのないよう、地道にリハビリを行い、杖を用いての歩行が可能になった時の喜びは介護福祉士にとっても大変大きなものです。

 

そのようにして、すべての介護の中で、自立援助を頭におきその人がその人らしく生きることに寄り添っていくことが仕事になります。仕事の内容は、ケアマネジャーという職種の方が利用者や利用者の家族と相談しながら決めていきます。

 

身体介護には、食事、更衣、整容、排泄、入浴などがあります。身体介護は、介護をする現場が利用者のお宅であっても施設であっても必ず必要になります。生活援助では、利用者の代わりに利用者宅で掃除、洗濯、買い物などをします。

 

その他に、リハビリを兼ねたレクリエーション、時には利用者や利用者の家族からの相談、助言を求められることもあります。介護福祉士としてのキャリアを積んでいくうちに利用者との信頼関係が築かれ、利用者にとってとても頼りにされるやりがいのある仕事です。