介護福祉士国家試験の効率的な対策方法は?

介護福祉士の国家試験を受験するにあたり、効率的な試験対策方法を模索している方も多いのではないでしょうか。

 

国家試験と聞くだけでも、なんとなく構えてしまう部分があるかと思います。

 

ここでは、介護福祉士国家試験の効率的な対策方法について、いくつかご紹介していきます。

 

介護福祉士国家試験 効率の良い対策方法とは

介護福祉士の国家試験には、筆記試験と実技試験があります。

 

場合によっては、実技試験が免除となる場合がありますが、多くの場合どちらの試験も受験することになります。

 

まず、筆記試験の対策方法を見ていきましょう。

 

筆記試験の対策方法

筆記試験の対策については、様々な方法が考えられます。

 

例えば、テキストを全暗記するというような方法で合格された方もおられます。

 

ですが、それはなかなか難しい面もありますので、効率の良い方法をご紹介します。

 

1.過去問題集を購入する
2.まずは解いてみて、不正解となった問題について、徹底的に調べる
3.調べた内容が理解できたら、もう一度挑戦する
4.満点がとれるようになるまで繰り返す

 

この方法で過去問題3年?5年分をこなすと、傾向なども何となく理解できるようになり、自分が理解できていない箇所を潰していくことが出来ます。

 

もし飽きてしまったら、途中で一問一答などの問題集に挑戦したり、介護のニュースなどを見てみるというのもおすすめです。

 

実技試験の対策方法

おすすめできる実技試験対策は、実はとてもシンプルな方法となっています。

 

まず、国家試験の実技試験を受験する方の大半が、介護施設にて勤務されている方だと思います。

 

そのような方の場合、勤務中に利用者様との関わりの中から、まずは基礎の介護技術というものを思い出しつつ、いつもより丁寧に介護するようにしてみてください。

 

もちろん日頃から丁寧な介護を心掛けておられると思いますが、さらに基礎部分を徹底した介護を意識してみてください。

 

介護福祉士国家試験の実技試験では、介護技術の基礎部分がとても重要となりますので、日頃の業務の中で復習をかねて身につけていくことがおすすめです。

 

福祉高校ルートから実技試験を受験するという方の場合には、実習やボランティアなどに積極的に参加し、実務経験ルートの方と同じく、介護技術の基礎部分の徹底を意識してみてください。

 

応用は働いてからいくらでも身につきますので、まずは基礎を固めることを目標としてみてくださいね。

 

可能であれば、介護福祉士の国家試験対策の講座を受講することもおすすめです。

 

筆記試験の対策から、実技試験の対策まで、重要な部分に絞った内容で学習することが出来ますので、とてもおすすめです。

 

その名の通り”対策講座”ですので、しっかりとした効率の良い試験対策を行うことが可能です。