介護福祉士の年収はどれくらい?

介護福祉士の年収は、地域や職場、勤続年数などで変動しますが平均すると350万円程度です。幼稚園教諭や栄養士とほぼ同額というデータがあります。

 

日本のサラリーマンの平均年収は450万円程度といわれているので、男性の介護福祉士をしている方が生計をたてるには少々厳しいのでこの場合共働きをする家庭が多くなります。

 

国は介護福祉士のみならず、介護人材の確保や介護職員の賃金問題における改正案をいくつも出しています。これからも、介護職員増加のためにも賃金を高くするなどの処遇がとられることは期待されています。

 

関東、近畿地方の介護福祉士の年収は高く、東北、九州地方の介護福祉士の年収は低い傾向にあります。

 

また、数ある施設の中で介護職員が高収入を得られるのは、介護老人福祉施設です。入所してくる高齢者はこの施設を住処とする方が多く、その方がどのような人生の終わりを迎えるかは、そこがどのような場所だったか?ということに深く影響します。

 

どのような介護福祉士とどのような関わりあいを持つかが大切ですね。高齢者を敬うことが介護の基本です。その重要性がそこで働く介護職員の高収入となって表れています。

 

次に短期入所生活介護施設で働く介護福祉士に高収入が見られます。短期入所生活介護施設は、家に戻ることを前提に短期間(4日以上)入所します。家庭の事情や家族の介護疲れ解消などに利用します。

 

介護福祉士は単発的に利用者の心身の状況、家族状況などを把握してケアに当たらなければならないので大変ですがやりがいがあります。

 

そして、残念なことに一番低い年収の介護福祉士は訪問介護です。基本的に夜勤はありませんのでその関係からでしょう。今、介護は施設から在宅へと変わりつつあるので、訪問介護で働く介護福祉士の年収も上がってほしいものですね。

 

介護福祉士は他の職業と同様、勤続年数を重ねると当然年収も上がっていきます。また、介護福祉士からケアマネジャーへのステップアップが可能で、そうなれば年収はグンと上がります。