介護福祉士と看護師の違い

介護福祉士と看護師には、どのような違いがあるのでしょうか。

 

介護施設にも看護師が配置されている施設はありますが、一体どのような違いがあるのかいまいち分からないという方もおられると思います。

 

ここでは、介護福祉士と看護師の違いについて、ご説明していきます。

 

介護福祉士と看護師の違いとは

介護福祉士と看護師の違いというのは、もともとの仕事内容が異なっていることから、大体違いについて想像はつくかもしれません。

 

介護福祉士は、介護現場にて身体介護などの直接介護を提供していくプロフェッショナルです。

 

看護師は、主に医療現場にて、医師の指示に基づき、医療行為を行っていく看護のプロフェッショナルであり、医療従事者です。

 

簡単にご説明するとこのような違いとなるのですが、介護施設に看護師が居る場合の違いとは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

介護施設に看護師が居る場合

介護施設に配置される看護師は、医療従事者として医師の指示のもとで医療行為を行うわけではありません。

 

そもそも、介護施設に医師が常駐していることは少なく、あっても特定の介護施設のみとなっている場合が多くなります。

 

看護師は、医師の指示がなくては医療行為を行うことが出来ませんので、医師が居ない介護施設にて行える医療行為には限りがあります。

 

では、何故看護師が配置されているのかというと、以下のような理由があります。

 

・利用者様の体調管理や健康管理を行うため
・褥瘡などの早期発見を行うため
・医師への報告や連携をはかるため
・急変対応を行うため

 

など、このような理由から、介護施設に看護師が配置されています。

 

この場合であっても、介護福祉士と看護師の違いは明白で、介護福祉士は直接介護を行い、看護師は上記のような仕事を行います。

 

ただ、介護の手が足りない場合には、抵抗がない範囲で看護師にも介護の手助けを求めることがあります。

 

看護師の中には、高齢者ケアに精通している看護師もいるため、介護福祉士と看護師とが協力し、スムーズなサービス提供が可能となっているところもあります。

 

看護師が居てくれるから、介護福祉士が安心して働く事が出来るということもあり、看護師を頼りにする介護職員はとても多く居ます。