介護福祉士の資格を通信講座で取得する!

介護福祉士の試験は120問のマークシート式で行われ、国家試験の中でも高い合格率であることから最も受験しやすいものとされています。それでも独学ではあまり効率よく学習ができないため、多くの方が通信講座を利用しています。

 

慢性的な介護人材不足は国全体の問題となっており、介護資格取得方法についてもいろいろな改正案がだされています。通信講座を持つ民間スクールでも数多くの介護福祉士を輩出するためにより良いカリキュラム作成や手厚いサポート提供に力を注いでいます。

 

大手であるニチイでは期間限定での通学コースを設けており、途中で通信コースに変更することが可能です。通学の場合は約3ヵ月で学習を終了し、費用は10万円程です。通信コースは標準受講期間6ヵ月で費用は4万円程度です。

 

介護福祉士の試験の筆記試験は毎年1月に実施されます。資格取得をしたい期日までに時間がない方は少々高額でも通学コースで学習されると良いでしょう。

 

あまり急いで資格取得を考えていない方は通信コースで十分です。また、都合で講座を終了できそうにない場合には講座の受講期間を延長することもできます。

 

ユーキャンでは標準受講期間を6ヵ月に設けての通信コースを提供しています。スマートフォンから講義動画やミニテストを受けることが可能でとても便利な学習もできます。

 

ユーキャンでは介護福祉士の筆記試験の合格者用に、二次試験として実施される実技テスト用の教材も含まれています。費用は5万円程度です。

 

そのほか、いろいろな民間の業者がこの通信講座を提供しています。ほぼ共通しているのは、提出するテストがありそれに応じて添削、アドバイスをしてくれる講師がいるということです。

 

受講者側からの質問にも応じてくれるので精神的支えにもなってくれます。それに、過去の介護福祉士の試験問題などで実力テストが出来るということです。

 

通信講座で資格を取得する人が多いのは、学習をする際の孤独感を感じることがなくいつでも励ましてくれる講師がいることで、途中で辞めずに目標達成ができるからです。