介護福祉士には、どうすればなれる?

今日本では超高齢社会が一段と進むのに備え、介護人材確保のためそれにかかる財源を確保するなど様々な処遇改善がなされています。そんな中、誰もが関心をもっているのが介護福祉士という職業ではないでしょうか?

 

介護の仕事はますます需要が高まります。介護関連の建物や業種が大幅に増えましたね。介護タクシーや介護用品店、老人施設のみならず、高齢者向けのスポーツセンターなどあちらこちらで目にするようになりました。

 

そこで働く人たちは何だかの介護の資格を持っていることでしょう。では介護福祉士にはどうすればなれるのでしょうか?なんと、介護福祉士には、どなたでもなることができる職業なのです。年齢制限もなく老若男女問わず全国各地で活躍しています。

 

さて、その介護福祉士になる方法は大きく分けて二つあります。一つ目は、国が指定した養成施設で2年以上介護福祉士としての必要な知識と技術を学ぶ方法です。こちらは、高校を卒業する時に選択し進学する人が多くいます。もう一つの方法として、国家資格である介護福祉士の試験に合格することです。

 

ここで注意したいのが、介護の経験がない人は試験を受けることが出来ないということです。介護従事者として介護経験を3年以上積まなければ受験資格が得られません。

 

経験は必要なのですが、試験はそう難しくなく国家試験の中ではかなり合格率が高く一発合格も狙える程度の試験です。通常、何もない状態から介護の世界に入ろうとする時、必須となるのが「介護職員初任者研修」を受講することです。

 

介護職員初任者研修は厚生労働省の規定に沿ったカリキュラムとなっています。高齢者とは縁がなく話もしたことがないという方でもスムーズに授業を受けて修了書を手にすることができます。

 

その後、介護の職に就きながら仕事に慣れてきたら「介護職員実務者研修」を受講します。こちらも厚生労働省管轄になっています。そうして実務経験を3年積んだころ、介護福祉士の国家試験を受験すればよいのです。

 

介護の仕事を開始した時から、介護福祉士の受験を念頭においておくとより良い状態で試験に臨めることでしょう