介護福祉士とケアマネジャーの違い

介護福祉士とケアマネジャーには、どのような違いがあるのでしょうか。

 

介護の現場で勤務している方であっても、介護福祉士とはいつも接するものの、ケアマネジャーと深い関わりがあるという方は多いと思います。

 

ここでは、介護福祉士とケアマネジャーとの違いについてご説明していきます。

 

介護福祉士とケアマネジャーの違いとは

簡単に言えば、介護福祉士は直接介護を行う現場のプロです。

 

ケアマネジャーは、利用者様にどのような介護を提供するのかという計画を立てるプロです。

 

では、もっと具体的に見ていこうと思います。

 

介護福祉士

介護福祉士は、社会福祉士や精神保健福祉士と同じく、介護福祉の国家資格となっています。

 

業務独占ではなく名称独占となっていますので、介護福祉士と名乗れるのは介護福祉士の資格を取得している方のみです。

 

特別養護老人ホームや、デイケア、有料老人ホーム、グループホーム、訪問介護など、様々な場所にて現場の介護に携わります。

 

排泄介助・食事介助・移乗介助、入浴介助、着脱介助などなど、直接的な介護を行っていくプロフェッショナルとしての資格となります。

 

ケアマネジャー(ケアマネ)

ケアマネジャーは、介護支援専門員のことです。国家資格ではなく、公的資格です。

 

要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受けて、ケアプランを作成し、介護サービスを提供する事業者と連絡を取りあい、調整していくことを仕事としています。

 

要介護者やその家族の方が、どのような介護を希望しているのか、どのような介護が必要なのかを面接などから査定し、個別支援計画を作成します。

 

介護サービスの利用がスタートしてからは、その方に本当に適した介護となっているのか、また、要介護者の方の状態に変化はないか等、定期的に評価し、必要があれば再度計画を立てていきます。

 

つまり、直接介護を行うことなく、プランニングやアセスメント、モニタリングなどを行うプロフェッショナルということです。

 

介護福祉士とケアマネジャーにはこのような違いがあり、もっと簡潔に説明するならば、介護福祉士はケアマネジャーが作成したプランによって介護を提供するということです。

 

介護福祉士は、直接利用者様の介護を行う立場ですので、その分責任が重い仕事となりますが、ケアマネジャーはさらにそれ以前のこととして、介護のプランを作成しますので、本当に利用者様に合った介護を提供できる計画なのかという点でも、責任が重い仕事と言えます。