介護福祉士の重要性とは?

つい先日、日本での65歳以上の人口が総人口の4分の1を超えたとのニュースが流れてきました。更に、2025年にはそれが3分の1になると推測されています。

 

超高齢化社会を目の当たりにして、官民力をあわせて介護人材確保に力を注いでいることを果たしてどれだけの国民が知っているのでしょうか?歳をとっていく自分自身の問題でもあるのですから、もっと真剣に耳を傾けなければなりませんね。

 

これだけの高齢者を社会全体で支えていかなければなりません。もし、あなたが歳をとり介護が必要になったらどのような方にお世話をしてほしいですか?伴侶、兄弟、子供、頭に浮かびますが迷惑をかけたくないという気持ちがどこからか湧いてきてしまいますよね。

 

やはり、介護は介護の勉強、経験をしてきた方にしてもらうと安心です。介護福祉士の存在は、本当に利用者にとっては太陽のような存在です。

 

介護福祉士は家族ではなくそれを仕事として受け止めていますから、思い切り甘えることができます。反対に介護福祉士は、利用者をあるがままに受け入れ利用者がその人らしく社会生活が営めるよう援助しなければなりません。

 

社会福祉士介護福祉士法が施行される1987年以前は、介護は行政が行っており利用者にとっては希望が叶わない厳しい状況でした。

 

社会福祉士介護福祉士法が施行され介護福祉士が誕生してからは、介護は利用者の自己決定のもと介護サービスが行われるようになりました。2000年に介護保険法が施行されてからは、利用料も国から援助されるようになりました。

 

それにより、介護サービスを受ける人も増えさらに介護福祉士の需要が高まりました。今もっとも注意しなければならないのが、認知症の増加です。

 

生活意欲や健康に対する意欲がなくなり引きこもる高齢者や、老老介護で社会的な繋がりを失くす高齢者は認知症を引き起こします。

 

それを受けて高齢者の集うディサービスや高齢者宅に出向くボランティアも増えてきました。本来は介護福祉士の役割なのです。一人でも多く介護福祉士が誕生することを切に願います。