介護福祉士国家試験|合格するコツは?

介護福祉士の国家試験を受験しようとされている方の中には、合格のコツを知りたいという方も多いと思います。

 

介護福祉士の国家試験に合格するためには、どのような対策を行うべきなのか、コツはあるのか等、ご紹介していきます。

 

介護福祉士の国家試験に合格するコツはある?

介護福祉士の国家試験というのは、筆記試験と実技試験に分かれており、それぞれで合格点に達する必要があります。

 

では、どのような対策を行えばいいのでしょうか。

 

まず、筆記試験の対策から見ていきましょう。

 

筆記試験の対策とコツ

筆記試験においては、やはり過去問題集を解くという方法がおすすめであり、コツでもあります。

 

介護福祉士の国家試験対策として、筆記試験の過去問題集はとても多く販売されています。

 

解説の内容や、中身をしっかりと確認し、比較しながら選ぶことをおすすめします。

 

過去問題集を何度も解き、分からないところや間違えたところをテキストや参考書を使用して理解するようにしていくことで、正解率が上がります。

 

過去問題集であれば、本番と同じ形式での出題となりますので、本番いきなり慣れない形式で試験を行うわけではないため、リラックスして受験することが出来ます。

 

実技試験の対策とコツ

実技試験においては、介護技術の基礎が試される事になります。

 

介護福祉士の国家試験を受験される方の中には、普段介護職員としてそれぞれ現場で働いておられる方も多いと思います。

 

いつも通り、利用者様に対して行っている介護技術というのは、ある程度基礎から離れ、応用が取り入れられているものです。

 

知らず知らずのうちに、「こうしたほうがいいんじゃないか」「この方にはこっちの方法の方が合っている」というように、利用者様に合わせて介護方法が異なったり、応用をきかせたりされていると思います。

 

そのような応用がきいた介護技術というのは、介護福祉士の実技試験では通用しないことがあります。

 

あくまでも、介護技術の基礎に立ち戻り、受験するということが大切になります。