介護福祉士の資格を取得するには?

ついこの間まで空き家だった一戸建てが、高齢者の居宅介護の拠点に様変わりしていることに驚く毎日です。それほどまでに今介護サービスを展開する業者が増え、それと同時に介護福祉士の人材確保が迫られています。

 

これを受けて、毎年多くの方が介護福祉士国家試験にチャレンジをしています。まだまだ加速化する超高齢社会、一人でも多く介護福祉士の資格を取得されることをお勧めします。

 

では、どうすれば介護福祉士の資格を取得できるのでしょうか?数多くある国家試験の中で介護福祉士の試験のレベルは易しめで、しっかり勉強をすれば一発合格も十分狙えるものです。それでいてその資格は一生ものであり全国各地で通用するのですから、資格取得をするなら何をさておき介護福祉士ですね。

 

介護福祉士の試験自体はそんなに難しくないのですが、その代わり「実務経験3年」が必要になります。介護の経験が何もない方は、「介護職員初任者研修」を受講することで介護のスタートラインに立つことができます。

 

「介護職員初任者研修」受講の後、「介護職員実務者研修」を受講することで、介護福祉士の受験に備えることができます。上記の研修は厚生労働省が規定したカリキュラムに沿っており、どなたでも受講することができます。

 

「介護職員初任者研修」を修了し、介護の職に就けば、その日から介護福祉士の試験に課せられる「実務経験3年」が始まるということです。その3年間の間に「介護職員実務者研修」を修了します。

 

国家資格介護福祉士の試験は、筆記テストと実技テストがあるのですが、「介護職員実務者研修」を修了していることで、実技テストは免除できるというメリットがあります。介護福祉士の試験に対応した通信教育が全国各地で展開されています。

 

大手ではニチイ、ユーキャンなど手厚いサポートがついています。他にもいろいろな特色を生かした講座がありますので自分のライフスタイルにあったものを受講すると良いでしょう。