介護福祉士になるには?

介護福祉士になりたいという方であれば、その方法はご存知だと思います。

 

ですが、これから介護職に就こうとされている方や、介護福祉士となるべく介護職員初任者研修などを取得されている方の中には、どうやって介護福祉士になるのか知らないという方もおられるかもしれません。

 

そこで、介護福祉士になるにはどうすればいいのかという事について、ご説明していこうと思います。

 

介護福祉士になるための3つのルート

介護福祉士になるためには、3つのルートが存在しています。

 

1,実務経験ルート

実務経験を3年以上積み、国家試験を受験するルート(平成28年度からは実務経験に加え、実務者研修の修了が必須)

 

2,福祉系高校ルート

福祉系の高校にて指定のカリキュラムを修め、国家試験を受験するルート

 

3,養成施設ルート

介護福祉士養成施設(大学など)にて指定のカリキュラムを修め、国家試験を受験するルート

 

というように、このような3つのルートがあります。

 

この3つのルートのいずれかを通り、受験資格を取得することで国家試験を受験・合格し、晴れて介護福祉士となることが出来ます。

 

実務経験ルートでは、今までは実務経験が3年以上ということが国家試験の受験資格となっていたのですが、平成28年度(第29回)からは、実務者研修の修了が必須となります。

 

そのため、実務者研修の講座などが多く開講されており、介護福祉士への注目度の高さが伺えます。

 

例えばこんな方法で・・・

上記ルートをご紹介したところで、介護福祉士となるための一つの流れについてご紹介してみます。

 

実務経験ルートの場合の一例

・介護資格の入門的資格である介護職員初任者研修を取得する。

・介護職員初任者研修の資格を活かし、介護施設などへ就職する。

・その職場で実務経験を3年以上積む(この間に少しずつ国家試験対策も行っておく)

・実務者研修を受講し、国家試験受験資格を取得する

・介護福祉士国家試験を受験し、合格する

 

このような流れで、介護福祉士となることが出来ます。あくまでも一例ですので、参考程度になさってください。

 

介護福祉士の国家試験対策を受講することによって、無駄の無い学習を行うことが出来ます。