介護福祉士の資格取得ガイド

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、一体どのような職業なのでしょうか。現在、高齢社会に伴って、介護福祉の分野はとても需要のあるものとなっています。

 

そんな中で介護福祉士として働くという事は、どのような意味を持つのかどのような役割を担っている職業であるのかということについて、ご説明します。

 

介護職のプロフェッショナル

介護福祉士とは、介護職の頂点に立つとも言える介護におけるプロフェッショナルである職です。自分自身に対するメリットも大きいのはもちろんですが、介護職のプロとして、周囲の信頼も非常に大きなものとなります。

 

もしも身内が介護を受ける事になった場合に、同じ介護職であっても、より経験も技術も知識も高い方にお願いしたいと考えるのではないでしょうか。

 

介護福祉士は国家資格であり、様々な勉強や経験がなくては、取得することが出来ない資格です。そのような意味でも周囲からの信頼は厚く、利用者様にも安心してサービスを受けていただくことが出来る職でもあるのです。

 

介護のプロとしての自覚を持って、よりよいサービスを提供出来る様に日々精進していくことが大切になる職でもあります。

 

仕事内容

仕事内容に関しては、他の介護職とあまり違いはありません。

 

・着脱介助(衣類の脱ぎ着に関しての介助を行う)
・食事介助(食事摂取などの介助を行う)
・排泄介助(オムツ交換・トイレ誘導などの排泄に関しての介助を行う)
・入浴介助(洗髪・洗体などに関しての介助を行う)
・移乗介助(車椅子からベッド・ベッドから車椅子などの移乗に関する介助を行う)
・生活支援(家事・掃除・洗濯・買い物などの生活に関わる支援を行う)

 

などの、介護の基礎となる部分に関して多くの仕事を行います。

 

介護福祉士は社会福祉士と同じく、業務独占ではないために、業務内容には特に差が無いのです。ですが、名称独占となっているので、介護福祉士と名乗れるのは国家試験に合格した方のみとなります。

 

仕事内容にさほど差はなくとも、プロ意識を持って仕事を行うことが出来るほか、介護職として質の高いサービスを提供出来る様になるため、さらにやりがいを感じながら仕事を行うことが出来ると言えます。

 

質の良いサービスを提供するという役割

介護職のプロとして、他の介護士には無い高い技術や知識をもって介護を行う事になります。このことは、ただ国家資格を持っているというだけではなく、質の高いサービスを提供することが出来るということです。

 

利用者様にとって、サービスの質は満足のいくものでなくてはなりません。利用者様一人一人にあったサービスを提供できるかどうかという点でも、介護福祉士は重要な役割を担っています。

 

個々に合ったケアを行っていく必要がある介護の分野では、より高い知識と技術が必要とされているのです。そういった意味でも、介護福祉士の役割はとても大きな意味があると言えます。

 

介護職の模範として

介護士の中でも、サービスの質や、利用者様の事を想ってのサービスを提供できる方ばかりではありません。中には、「みんな同じ介護方法でいいでしょ」「サービスの質なんて今までどおりで良い」と考えている方もおられるのが現状です。

 

そんな中、介護福祉士は、様々な介護士の模範となる働きをすることが求められます。一人一人に合った介護方法や、一人一人の利用者様を大切に想う気持ちを持って介護を行うことによって、周囲の介護士の意識を変えていくことが必要です。

 

介護は「してあげる」のではなく「させていただく」という気持ちが第一です。介護福祉士はそのような事を、仕事を行う姿勢や考え方をもって、介護職全体に広げていくという役割も担っているのです。

 

それと同時に、介護職のやりがいや、よりよいサービスの提供の仕方などを周囲に伝えていくということも、介護福祉士としてとても大切な役割となっています。

 

介護福祉士の資格について

介護福祉士資格は、高齢者や障害者の方の介護に従事する者が取得しなければならない国家資格です。介護福祉士の資格は、介護関連の資格の中でもレベルは上の方です。

 

実はなにもない状態から介護福祉士の試験を受けることはできません。介護福祉士の取得方法は大きく分けて2つあります。

 

1つ目に、2年以上の養成施設を卒業することです。この条件に匹敵する方でこの文章を読んでいる方はあまりないかと思われます。何故ならもうすでに介護福祉士の資格についてはすでに熟知しているはずですから。多くの方は介護福祉士の資格について興味を持っている方ではないでしょうか?

 

介護福祉士になる方法の2つ目は、3年以上の介護の実務経験の後、筆記試験と実技試験を受験し合格することです。3年以上の実務経験を積む前に、介護職員初任者研修、そして介護職員実務者研修の資格を取得するのが基本となっています。この2つは介護福祉士の資格より簡単に取得することができます。

 

介護福祉士は、1987年社会福祉士及び介護福祉士法が成立した時に誕生した国家資格を持つ介護福祉士という職業です。ちょうどその頃から、日本は高齢化社会の中、介護人材不足を懸念しながら様々な計画や法律改正などを行ってきました。

 

2000年には介護保険制度施行されました。そして2013年にはホームヘルパー制度を廃止し、介護資格取得の一本化が始まりました。

 

2013年以前は、介護職員はホームヘルパーと呼ばれていてその資格取得者の確保に力を注ぎました。しかし、後にホームヘルパーの仕事離れや、質の低下が問題視されてしまうのです。

 

そこで、生涯介護職として働き続けることができるような資格制度を設けたのです。「介護職員初任者研修」→「介護職員実務者研修」→「介護福祉士」といった流れを感じながら、やりがいを持って仕事ができるようになりました。

 

実務経験で学ぶことは多く、並行しながら介護福祉士の勉強をすれば介護福祉士の資格取得も一発合格を狙えるくらいの試験です。

更新履歴